水道の蛇口に不具合が生じた場合の凡例と交換ポイント

水道の蛇口は、経年により不具合を発生してしまう事があります。 この様な不具合が発生したら、交換のサインとなります。

水道の蛇口から水漏れがする場合

水道の蛇口から水漏れが発生する場合は、蛇口の中の部品の経年劣化が発生しており、部品の取り換えが必要となります。 あちこち不具合が発生している場合は、修理より交換の方がオススメとなります。

レバーハンドルがグラグラする

レバーハンドルがグラグラする場合は、レバーハンドルの引っ掛ける部分や蛇口本体側の受ける部分が消耗している可能性があり、蛇口自体を取り換える事がオススメとなります。

水道の蛇口が堅くて使いにくい

水道の蛇口が堅くて使いにくい場合は、バルブが故障している可能性があります。 蛇口の種類によっては、バルブ交換に費用を費やすよりも本体全てを交換した方がオススメの場合もあります。

蛇口のメッキがはがれている

蛇口のメッキがはがれている場合は、塗装を塗っても再度剥がれる場合があります。 その為、新しい蛇口に取り替える事がオススメとなります。

このように、蛇口を使い続ける事でどうしてもトラブルが発生してしまいます。 トラブル箇所を部分的に修理する事も良いのですが、蛇口本体全てを交換する方が迅速なトラブル防止に繋げる事が出来、費用も抑える事ができます。 蛇口は水の開け閉めを行う器具ですので、中途半端な修理よりも蛇口本体の交換が望ましいといえます。

水道の蛇口を取り換える場合は、今よりも使い勝手の良い蛇口に取り替える事をオススメします。 使い勝手が良い蛇口は、これらが挙げられます。

レバーハンドル水栓

一般的な水栓金具であり、現在レバーハンドル水栓を使っている方も多いのではないでしょうか。 レバーハンドル水栓にも、レバーの長さや蛇口の長さにより違いがありますので、検討してみると良いでしょう。 また、近年は節水式のレバーハンドルもございますので、省エネ効果も発揮してくれます。

シャワー水栓

レバーハンドル水栓の蛇口の先に、シャワーが付いているタイプです。 シャワー水栓を引っ張るとホースが伸びますので、シンクの中で自由自在に使う事ができます。

浄水器付きレバーハンドル水栓

レバーハンドル水栓に浄水器が付いたタイプであり、別途の浄水器を付ける事無く浄水機能を得る事ができます。

水栓金具は想像以上にお安いので、不具合が気になる場合は交換を検討しましょう。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

関連記事

水のトラブル

水のトラブルを解決する業者ってどんな業者?
TVCMなどのメディアで、水のトラブルを解決してくれる業者を見かける事があります。水のトラブルを解決してくれる業者 …

水のトラブル

メンテナンス

水道工事のメンテナンスはとても重要!
水道関係は、経年により劣化してしまいますのでメンテナンスが必要となります。 どのようなメンテナンスに目を向けるべきなのか、 …

水のトラブル

水道屋のトラブル

悪質なトラブル多発!水道屋のトラブル事例
水道というのは、毎日あらゆるシーンで使う、無くてはならない存在です。 使用頻度が高いので、トラブルが発生してしまう事も多く …

水のトラブル

水のトラブルお任せください