システムキッチンのリフォームの際に目を向けるべきサイズポイント

キッチンは、水や火、電気、換気等のコントロールが必要な空間であり、建物の中でも多くの機能が集約されている場所です。
経年によりキッチンの使い勝手が悪くなったら、リフォームを検討してみましょう。 今回は、システムキッチンを選ぶ際に目を向けてほしい、様々なポイントをご紹介致します。

ご自分に似合った大きさのシステムキッチンを採用する

システムキッチンというのは、長さに始まり、高さや奥行き等大きさは様々です。 特に盲点となってしまう高さや奥行きは、使われる方に適した大きさを採用する事で、使い勝手が非常に変わります。 選べるキッチンの大きさは、これらの部位があります。

キッチンの高さ

キッチンのワークトップまでの高さは、80㎝、85㎝、90㎝等があります。 使いやすいワークトップまでの高さは、身長÷2+5㎝が定義となっております。 160㎝の身長の方が主に使う場合は、160÷2+5㎝となりますので、85㎝が適した高さとなります。 高さが合っていないと、腰が痛くなったり使い勝手が悪くなってしまいます。

キッチンの奥行き

キッチンの奥行きにも種類があり、ほとんどの場合65㎝となっておりますが、60㎝の奥行きのシステムキッチンもございます。 身長が低い方は、奥行きが狭い方が奥まで手が届き使い勝手が良くなります。

吊戸棚の高さ

吊戸棚が上手く活用出来ていない方も多いと思いますが、使いやすい吊戸棚の高さにする事で活用しやすい吊戸棚へと導く事ができます。 吊戸棚の高さはメーカーによってマチマチですが、45㎝、50㎝、60㎝、75㎝、90㎝の高さのどれかとなります。 手が届きやすく収納力を優先したい場合は高さ90㎝の吊戸棚が適しておりますが、窓がある面には設置不可能となります。 窓がある壁面に取り付ける吊戸棚は、45~60㎝の吊戸棚が望ましいです。 細い窓を採用した場合は、75㎝の吊戸棚が適しております。

システムキッチンの間口

システムキッチンの間口の大きさは、1番目を向けるポイントでしょう。 一般的な大きさは、2,550㎜のシステムキッチンとなります。 間口の大きさを変えたい場合は、2,550㎜より長くするのか短くするのかを検討してみましょう。 2,550㎜よりも間口を狭くしてしまうと、シンクや収納部分が狭くなってしまいます。 2,550㎜よりも間口を広くすると、シンクの大きさは変わりませんが収納スペースを広げる事ができます。

システムキッチンを選ぶ際は、これらのサイズに目を向けるようにしましょう。 システムキッチンはサイズ次第で使い勝手が変わりますので、しっかり検討をして選ぶ事が大事となります。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

関連記事

シングルレバー水栓

シングルレバー水栓より水漏れが発生するパターンと対処法
近年のキッチン水栓はシングルレバー水栓が多く、レバーを上げるだけで簡単に水が出る便利な水栓金具です。 …

キッチン

水のトラブルお任せください