悪質なトラブル多発!水道屋のトラブル事例

水道屋のトラブル

水道というのは、毎日あらゆるシーンで使う、無くてはならない存在です。
使用頻度が高いので、トラブルが発生してしまう事も多くございます。
水道にトラブルが起きた場合業者に依頼して修理を行ってもらいますが、近年悪質な水道修理業者が横行しております。
どのような悪質トラブルがあるのか、その事例をご紹介致します。

軽度な修理で済むのに大きな修理を求める業者

ただゴムパッキンを取り換えれば済む程度のトラブルなのに、水栓本体を取り換えなくてはならないと促し、水栓本体自体の取り換えを勧めるパターンです。
ゴムパッキンの取り換えであれば数千円で済むのにもかかわらず、水栓金具を取り換えて数万円請求するという悪質なやり方です。

数千円の修理代と言いながら後に高額な費用の請求をする

事前に見積書を出さずに数千円の修理代金だからと修理前にお話しし、修理が全て終わってから高額な修理代金を請求するケースです。

水道局から派遣されてきたと嘘を言い修理を促す

近年多く発生しているパターンといえば「水道局より派遣されて水道の点検に来た」というパターンです。
水道局と言われるとお客様は安心してお任せしてしまう傾向がありますが、水道局は事前告知無しに業者を派遣させません。
訪問で水道局と言葉にした時点で、悪質業者の証拠となります。

この様なパターンは物凄く多く発生しており、これら全てが悪質業者の仕業です。
これらの状態に遭遇しない為には、これらのポイントに注意するようにしましょう。

修理は地元の名の知れた業者に依頼する

水道の修理は、地元の名の知れた誰でも知っている業者に依頼するようにしましょう。
地元の業者であれば正当な流れでの修理しかしませんので、請求額も納得できる金額となります。

修理の前に必ず見積書をもらって確認する

軽微な修理だからと後回しにせず、必ず修理の前に見積書をもらい、費用をきちんと確認した上で修理をお願いするようにしましょう。

安いという言葉を鵜呑みにしない

広告等で安い水道修理と目にすると、お安い修理しか行わないと思われるかもしれません。
しかし、水道修理は内容により手間も修理代金も変わりますので、100%お安く出来ると受け止めては絶対にいけません。

もしも高額請求するような明らかな悪徳業者と契約してしまった場合は、各自治体の消費者センターにご相談をしましょう。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

水のトラブルお任せください