エアコンから水漏れが発生した場合の原因と対処法

夏の暑い時にエアコンを満開に使っている時に、水漏れが発生してしまう事ありませんか。
水漏れが発生してしまう事には、原因があります
エアコンから水漏れが発生してしまう原因を、まとめてみました。

送風口が結露をしている

湿度が高い日にエアコンを使うと、送風口が結露を起こしてしまい水が垂れて切れしまう事があります。
お部屋の中を乾燥させる事で結露が発生しにくくなりますので、水漏れを防止させる事ができます。

ドレンパンの詰まり

エアコン内で結露して溜まった水を外に流すために、ドレンパンという器具が取りついております。
ドレンパンにゴミやホコリなどが溜まってしまうと、内部が詰まってしまい水が一定方向に流れなくなる事でオーバーフローし室内の方に水が流れてきてしまいます。
この場合、ドレンパンの詰まりを改善する事で、解消させる事が出来ます。
掃除機で吸うと、簡単に取り除く事ができます。
それでも取り除く事ができない場合は、業者に依頼して改善しましょう。

ドレンパンとドレンホースの接続部分が外れている

ドレンパンとドレンホースの接続口は緩んで外れてしまう事があり、このような状態で使い続ける事で水が室内の方に流れて水漏れを発生させてしまう場合があります。
この場合は、業者に依頼してドレンパンとドレンホースの接続を修繕してもらわなければいけません。

エアコンの水漏れは、珍しい事ではありません。
よく発生してしまう事ですので、もし水漏れが発生しても気にせず修繕するようにしましょう。
これら以外の原因の他に、施工不良等で水漏れが発生してしまう事もございます。
ご自分で判断がしにくい場合は、専門業者に点検を依頼するようにしましょう。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

水のトラブルお任せください