給湯器の水抜き方法

給湯器は、寒い時期にトラブルが起きやすい事多くありませんか。 給湯器は中に水が循環しているので、寒いと給湯器の中が凍結してしまい故障してしまいます。 そのような状態にならないよう、寒い日の使っていない時間帯は給湯器の水抜きが大事となります。 しかし、給湯器の水抜きって難しいイメージを持っている方も少なくないと思います。
意外と簡単ですので、是非この機会に覚えてみませんか。 給湯器の水抜きの方法を、わかりやすくご説明していきます。

給湯器に電源をOFFにする

給湯器の電源をOFFにし、電源が切れたのを確認してから水抜き作業へと進んでいきます。

ガス給湯器の場合はガス栓を閉める

ガス給湯器の場合は、ガス栓を横に閉めます。

各水道蛇口を開けます

キッチンの蛇口、お風呂の蛇口、シャワー、洗面台の蛇口など、全て満開に開けます。

水抜き栓を落とす

水抜き栓を落として、水を止めます。 一般的な水抜き栓はレバーを下に下げれば水が落ちますが、バルブ式の場合は閉める事で水が止まります。 この状態で、蛇口内の水がある程度で払います。

各蛇口や給湯器下部にある水抜き栓を開く

蛇口や給湯器の下部に、ネジの様な物があり、これをひねって外す事で蛇口や給湯器内部に残っている水を出し切る事ができます。 給湯器の場合は下部に水を受ける物がありませんので、バケツや洗面器を下に置いてネジを開けるようにしましょう。 しずくも全て出切ったら、ネジを再度閉めます。 この時ネジを閉めないと、水抜きを解除した際に水がドっと溢れてしまいますので、大変危険です。

これで、水抜きは完了です。 言葉で書くと大変な感じがするかもしれませんが、実際やってみると意外と簡単です。 冬期に長期間ご自宅を留守にする時など、水抜きは必ず行ってお出かけするようにしましょう。 寒い時期に水抜きをせずに出かけてしまうと、給湯器内や各配管が凍ってしまい、多大な補修費用が掛かる事がありますので、大変危険です。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

水のトラブルお任せください