火災保険の見積もりを検討する際に目を向けるべき「水災」

火災保険の見積もりをご検討の際は、水まわりの補償が付いた火災保険を検討してみる事をお勧めします。
火災保険という名称ではありますが、火災保険は火災以外に様々な災害に対し保証をしてくれます。
保険会社により補償内容はマチマチですが、中でもあったら便利な補償は水まわりへの補償です。

水まわりの補償もある火災保険を選ぶべき

とある火災保険は、火災をはじめ、落雷、破裂、爆発事故、盗難、水濡れリスクと記載があります。
この火災保険の水まわりのトラブルでは、これらの内容を補償してくれます。

  • トイレの詰まり
  • 台所の詰まり
  • 浴室の詰まり
  • 洗面所の詰まり
  • 蛇口からの水漏れ
  • 排水からの水漏れ

等が、補償されます。
この場合、これらの水漏れによる建物に対する被害は全て補償の範囲となります。

火災保険の水災は経年劣化による原因では補償の対象とならない

ただし、これらの水災は配管や部品等による経年劣化に起きた場合は、補償の対象となりませんので、注意が必要となります。
あくまで、器具の不具合などのトラブルにより発生した水漏れに限ります。

火災保険に水災補償があるかどうかは保険会社によりマチマチ

火災保険により保証はマチマチですので、まずはご検討されている火災保険に水災補償があるのかどうかを確認するようにしましょう。
また、火災保険によっては有料付帯となっている場合もございますので、見積もりの際は検討する事をオススメします。

家財の水災補償も検討してみよう

水災の補償は建物ののみの補償となっている場合が大半であり、家財には補償が効かない場合が大半です。
家財の補償が気になる場合は、家財にも該当している火災保険を検討するようにしましょう。
水漏れの際は家財にも浸透してしまいますので、家財の水災にも該当する火災保険を検討すると良いでしょう。

このように、火災保険には様々なトラブルに対応できるサービスが多く付帯しております。
これらの内容は保険会社によりマチマチですので、しっかりチェックした上で検討するようにしましょう。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

関連記事

火災保険

マンションの火災保険の内容やポイント
マンションを所有したり賃貸する場合は、火災保険の加入が絶対条件となります。 マンションは不特定多数が出入りする共同住宅ですので、 …

火災保険

水漏れ災害

マンションの水漏れ災害は火災保険の対象となるのか
マンションで発生した水漏れの事故は、場合によっては家財に大きな影響を与えてしまう事があります。マンションの火災保険は家財を対象に …

火災保険

水のトラブルお任せください