キッチンのシングルレバー水栓より水漏れが発生するパターンと対処法

近年のキッチン水栓はシングルレバー水栓が多く、レバーを上げるだけで簡単に水が出る便利な水栓金具です。 キッチンのシングル水栓は大変機能的な水栓金具ですが、残念ながら経年劣化により水漏れが発生してしまいます。 どのような水漏れが発生してしまうのか、よくあるパターンをご紹介致します。

レバーハンドルのすぐ下から水が漏れている

シングルレバーのすぐ下から水漏れが発生している場合は、バルブカートリッジという部品が消耗している証拠となります。 10年程経過すると、発生しやすい不具合であります。 少しの劣化であればジワっと漏れてくる程度なのですが、著しく劣化してしまうと水が噴射してしまいますので大変危険です。

レバーハンドルの蛇口部分からポタポタと水が漏れる

蛇口部分からポタポタと水が漏れてくる場合は、ゴムパッキンの劣化です。 また、ゴムパッキンとバルブカードリッジの双方の劣化によっても発生しますので、2つ取り替えないといけない場合もあります。 多少ポタポタ出てくる程度では我慢される方も多いようですが、放置しておくと漏水状態がどんどん悪化してしまいます。 水道代金にも大きく反映してしまいますので、気になったら即座に修理する事が大事となります。

キッチンの地袋の中の給水管から水漏れが発生している

キッチンの地袋の中にある給水管から水漏れが発生している場合は、給水管の接続部分のゴムパッキンが劣化している可能性があります。

これらの修理は、DIYで行う事はオススメ出来ません。 ゴムパッキンなどホームセンターにて取り扱っておりますが、素人の補修ではある程度の補修としかなりませんので、再度発生してしまう可能性があります。 水栓の補修は、必ず設備屋さんにお願いして対処してもらいましょう。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

関連記事

システムキッチン

システムキッチンのリフォームの際に目を向けるべきサイズポイント
キッチンは、水や火、電気、換気等のコントロールが必要な空間であり、建物の中でも多くの機能が集約されている…

キッチン

水のトラブルお任せください