水まわりのリフォームの際に目を向けてほし内装工事の耐用年数

水まわりのメンテナンスの際に目を向けてほしい部分といえば、内装工事です。 せっかく水まわりのリフォームを行うのであれば、現在の内装も一緒に綺麗にする事をオススメします。 水まわりは特に内装が劣化しやすくなってしまい、水まわりのリフォームのシアは限界を迎えてしまっている場合が大半です。
水まわりの内装の種類や耐用年数等、ポイントもふくめてご紹介致します。

既存の床がクッションフロアの場合

クッションフロアは水まわりに大変適した床材であり、ほとんどの水まわりの床に採用されております。 クッションフロアは水にとても強い素材ですが、水まわりの機器との取り合い部分が劣化しやすいので、リフォームの際に一緒に取り替える事をオススメします。 耐用年数は10~15年程となり、使い方や状態により前後します。 中には20年綺麗に使われているお宅もあり、扱い方で耐用年数が大きく左右される事がわかります。

既存の床がフローリングの場合

フローリングは水に大変弱いので、水まわりの床材にはオススメできません。 しかし中には水まわりにフローリングを採用されているお宅も少なくなく、水まわりのリフォームの際は既にフローリングの劣化が激しい場合もございます。 既存の床がフローリングの場合は、クッションフロアか水まわり用のフローリングに張替えをする事をオススメします。 クッションフロアの寿命は10~15年程度であり、水まわりの用のフローリングは20年程度となります。 もちろん、使い方により耐用年数には差が発生します。

既存の壁や天井がビニールクロスクロスの場合

既存の壁や天井がビニールクロスの場合は、水まわりの壁は既に劣化している場合が大半です。 水まわりは水分を使うスペースですので、湿気が発生しやすくなってしまいます。 湿気により、ビニールクロスの劣化が激しくなってしまう傾向があります。 水まわりに適した壁天井材は、湿気に強いビニールクロスです。 通常のビニールクロスと同じ単価で採用が可能ですので、張替えをオススメします。 防湿効果のあるビニールクロスは、20年ほどの耐用年数を発揮してくれます。

このように、水まわりのリフォームの際は内装工事も一緒に行う事がオススメです。 新しい水まわり機器と内装で、新築のような快適な空間へと導きます。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

水のトラブルお任せください