水漏れ・漏水の原因とは

同じ水まわりを使い続けていると、漏水が発生してしまう事があります。
漏水は早急に気づき、早急に修理してもらう事がとても大事となります。
なぜ漏水が起きてしまうのか、漏水の原因とそれにまつわるポイントを、ご紹介致します。

漏水が発生してしまう原因

漏水は、このような原因で発生してしまいます。

便器、蛇口、シャワー類

便器や蛇口、シャワー類からポタポタと漏水してしまう原因は、便器や蛇口、シャワーの中にあるパッキンが寿命を迎えてしまう事が原因です。
パッキンにより水圧を抑える事が出来なくなり、ポタポタと水漏れを発生させてしまいます。
この場合、パッキンを取り換える事で漏水を抑える事が出来ます。
もし、大々的に水漏れが発生してしまい止まらず困ってしまったら、元栓を閉めて業者をすぐに呼んで対処してもらうようにしましょう。

床下の漏水

床下の漏水は、給排水管に異常が起きている可能性があります。
放置をしておくとどんどん周りに浸食してしまいますので、気が付いたらすぐに業者に依頼して修理を行ってもらわなくてはいけません。

漏水を放置する事はとても危険

漏水は少しであれば放置しがちな方も居るようですが、放置しておくとお客様に大きな負担を強いられてしまう事があります。
それは、これらが挙げられます。

水道料金が高くなる

余計な水を捻出しているので、当然水道料金も高くなってしまいます。
例えば、糸状のごく細の水が常に流れてしまうと、1か月で約2,000円程度の水道料金の加算となってしまいます。

内装材にも影響させる

漏水により壁や床に水分が浸食してしまった場合、壁や床などの内装材にも大きな影響を与えてしまいます。
内装材だけではなく断熱材への浸水やカビが生えてしまうなど、被害が膨大に広がってしまいます。

マンションの場合周りのお宅に被害を与えてしまう

マンション等の賃貸住宅の場合、漏水を放置する事で水の被害を周りに及ぼしてしまう事があります。
下階の方には雨漏りの様な被害を与えてしまい、お隣の方には水漏れによる浸食で被害を与えてしまう事があります。
保険に入っていない場合は、それらの被害を全て補償しなければいけなくなってしまい、多額の費用がかかってしまいます。

漏水は軽度な場合は放置してしまう事も多いようですが、更なる被害を起こす前に早い段階で修理を行うようにする事がベストとなります。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

水のトラブルお任せください