マンションの水漏れ災害は火災保険の対象となるのか

マンションで発生した水漏れの事故は、場合によっては家財に大きな影響を与えてしまう事があります。
マンションの火災保険は家財を対象にしている場合がほとんどであり、それは水災であり水漏れの事故の際も保険金が下りる場合が大半です。
しかし、水災の場合の補償は定義が難しく、火災保険の内容によっては補償されない場合もあるようです。
その為、きちんと該当しているのかをあらかじめきちんとチェックしておく事が大事となります。

火災保険の水災に対する保険の範囲とは

火災保険は、水災にも補償可能な保険が大半です。
水災というのはいわゆる水難であり、このような2つの定義に分かれます。

  • 台風や集中豪雨などの悪天候による洪水などの水難事故
  • 建物内部での水道からの漏水による水災

一般的には洪水などの水難事故はほぼ間違いなく補償となっているのですが、建物内部での水道等による漏水に関しては補償となっていない場合もございます。
これらの補償範囲は、ご加入の火災保険会社にいとど問い合わせをし、確認をしておく事をオススメします。
これから加入されるお宅は、水道などの漏水による水災にも補償してくれる、火災保険に加入をする事をオススメします。
マンションの場合水道などの漏水事故は付き物ですので、絶対に加入しておかないと後に大変な状態となってしまう事もありますので、是非検討をしましょう。

漏水の原因がはっきりしていないと補償されない事もある

建物内部での水道などの漏水による水災は、漏水の原因がはっきりしていないと補償されない事もあります。
例えば、その水漏れが設備機器の老朽化による発生の場合、火災保険の補償の範囲とならない場合もございます。
瑕疵やサビ等の経年劣化は事故扱いとならない場合も多く、その場合は火災保険の対象とならないケースも多くあります。

水漏れ事故を受けてしまった場合は加害者に請求も可能

もしお隣さんや上階のお宅から水漏れ事故を受けてしまった場合は、加害者に損害賠償を請求する事ができます。
しかし、その場合はきちんとした原因がわかっている上で出来る事ですので、ご自宅の家財を守りたい場合はご自身で家財補償月の火災保険に加入しておく事がベターとなります。

このように、マンションにお住まいの方は家財保険付きの火災保険に絶対加入する事をオススメします。
共同住宅にお住まいですので、ご近所さんと揉め事にならないように保険に加入しておく事は、ある意味礼儀となるでしょう。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

水のトラブルお任せください