マンションの火災保険の内容やポイント

マンションを所有したり賃貸する場合は、火災保険の加入が絶対条件となります。 マンションは不特定多数が出入りする共同住宅ですので、火災保険の補償の捉え方が一戸建てとは全く異なります。

マンションは、みんなで共通で使う共用部分と、独自に住居として使う専有部分の1つのスペースに分かれます。 マンションの火災保険は、専有部分のみに対応する保険となっております。 共用部分は、管理組合で一括して火災保険に加入している場合が大半です。

ただし、ここでいうマンションの火災保険は建物に対する保険であり、専有部分にある家財に関しては、別途お客様の方で保険に加入しなければいけません。 マンションによっては、入居の際に必ず家財保険に加入するように促される場合も多くありますので、知らず知らずのうちに家財保険に加入していたなんていうご家庭も少なくありません。

火災保険というのは、文字だけを読むと火災が起きた場合に対応してくれる保険というイメージがあると思います。 しかし、火災保険というのは火災が起きた場合だけに対処できる保険ではありません。 火災保険のほとんどは、このような災害の際も保険として該当させる事が出来ます。

落雷

雷の影響で建物に被害が発生した場合、火災保険で費用を賄う事が出来ます。

風災

台風や強風が吹いた際に被害が発生した場合は、火災保険で賄う事が可能です。 強風の定義は、1年に1度や2度は必ず発生するほどの風の強さですので、強風により被害を被った場合は気軽に問い合わせてみると良いでしょう。

水害

豪雨等により雨漏りしてしまった場合、火災保険で賄う事が出来ます。

火災保険は細かい部分の内容は保険会社によりマチマチであり、給排水による水漏れや空き巣に入られた際の盗難まで補償してくれる保険もあります。 ただの火事への備えの保険ではなく、住み続ける事で受ける災害の為の備えの保険をとらえておくと間違いないでしょう。 ご自分が加入している火災保険は、どこまでの補償があるのかわかっていない方も多くいらっしゃると思います。 これを機に細かい部分まで確認し、どのような補償内容があるのかを確認しましょう。 今起きている被害が、火災保険でまかなえるかもしれません。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

水のトラブルお任せください