トイレのトラブルと修理費用の目安

トイレの修理

トイレは水漏れなどのトラブルが発生しやすい場所であり、放置しておくと大きな不具合となってしまいますので危険です。 おかしいなと思ったら、すぐに業者に修理を依頼しましょう。 トイレの修理の主な例と、かかる修繕費用の目安をご紹介致します。

トイレの不具合の主な例と修繕費用

トイレで発生してしまう不具合の例と修繕費用は、これらが挙げられます。

タンクや便器内で水がチタチタと流れてくる

背面タンクや便器内の水が溜まっている部分にチタチタと水が流れてくる場合は、水を閉める部分のゴムパッキンが寿命を迎えている場合が大半です。 ゴムパッキンの交換は、4,000~10,000円程度での修繕費用となります。

トイレの詰まり

何らかの影響によりトイレの流れが詰まってしまった場合は、器具を使い詰まりを改善しなければいけません。 ホームセンター等で取り扱っているラバーカップ等のトイレの詰まりを改善出来る器具もございますが、それらの器具で対処が難しい場合は業者の修理が必要となります。 軽度な詰まりの場合は、5,000~10,000円程度で済みます。
しかし、重度の詰まりの場合は配管を外すなどの大きな作業を要してしまいますので、20,000~50,000円程の修理費用が掛かる場合もあります。

ウォシュレットの不具合

ウォシュレットの不具合は、ゴムパッキンの消耗や給水管の修理等、様々あります。 4,000~20,000円程の修理費がかかります。

トイレの修理はご自分で行う事はオススメ出来ない

トイレの修理は、軽度な状態であればご自分で行ってみたいなと思われる方もいらっしゃると思います。 一見簡単そうに思えるかもしれませんが、トイレの修理は簡単ではありません。 それを簡単そうに修理してしまう事で、ある程度の修理としかなりません。 専門知識がない方がトイレの修理を行ってしまうと、余計に状態を悪化させてしまう事もあります。
ご自分が修繕するにも費用がかかりますので、一か八かの修繕とするのであれば、専門業者に費用を支払って確実に修繕してもらう事がベストといえます。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

水のトラブルお任せください