水洗トイレの水漏れの際の対処方法

水洗トイレは、生活の中心で欠かせない存在です。
使用頻度が多いゆえに、故障とも隣り合わせとなっております。
気が付いたらトイレが水漏れしている、なんていう状態に遭遇した事もあると思います。
トイレの水漏れの事例や対処すべきポイントなど、ご紹介致します。

給水管からの水漏れ

水洗トイレには、給水の為に給水管が接続されております。
経年劣化により、ゴムパッキンやナットなどの部品が消耗してしまい、水漏れにつなげてしまう事があります。
給水管からの水漏れは、これらのパーツを取り換える事で改善させる事ができます。

背面タンクからの水漏れ

給排水管からの水漏れ

背面タンクの中には様々な給排水管があり、ゴムパッキンやナットの経年劣化により水漏れが発生してしまう事があります。
この場合、ゴムパッキンやナットを取り換える事で水漏れを防ぐ事が出来ます。

給水管の開き過ぎ

単純に給水管の開き過ぎにより、オーバーフローし水漏れの様な状態が発生してしまう場合もございます。
この場合は、給水管の開きを調整するだけで水漏れを無くす事が可能となります。

便器本体からの水漏れ

便器本体にヒビが入る事での水漏れ

便器本体にひびが入っていると、にじんで水漏れが発生してしまう場合があります。
この場合はヒビ部分を補修しても再度水がにじんでくる事がありますので、便器自体の交換が必要となります。

便器自体に水滴が発生している

結露により、便器自体に水滴が発生してしまう現象です。
この場合故障ではなく、便器の防露スイッチを入れる事で水滴を無くす事ができます。
便器に防露スイッチが付いていないタイプの場合は、室内の湿度に左右され結露を防ぐ事は難しくなってしまいます。
その場合、防露機能付きの便器に取り替える事をオススメします。

ウォシュレットからの水漏れ

水栓ノズルより水漏れ

水洗ノズルより水漏れが発生している場合は、水栓ノズルの何らかの部品が破損している事で水漏れが発生している事となります。
破損している水栓ノズルの部品を取り換える事で、改善します。

給水パイプ

ウォシュレットまで接続されている給水パイプの不具合により、水漏れが発生してしまう場合があります。
ゴムパッキン等の部品を取り換える事で、水漏れが改善されます。

ウォシュレットの内部貯水タンクからの水漏れ

ウォシュレット内部にある貯水タンクからの水漏れは、タンクの中の部品に不具合が発生している場合があります。
それらの不具合を改善させる事で、水漏れを無くす事ができます。

トイレの水漏れのメンテナンス費用は、数千円から2万円程度の費用で改善が可能です。
放置しておくとどんどん酷くなってしまいますので、おかしいなと思ったらすぐにメンテナンスを行うようにしましょう。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

水のトラブルお任せください