水道工事のメンテナンスはとても重要!

水道関係は、経年により劣化してしまいますのでメンテナンスが必要となります。 どのようなメンテナンスに目を向けるべきなのか、水道工事の2つのメンテナンスについてご紹介致します。

蛇口や給水部分

蛇口関係は中のパッキンが劣化を迎えてしまう事で、蛇口を締めていてもポタポタと水が垂れてしまう場合があります。 重度な状態となってしまうと水道代金にも大きな影響を与えてしまいますので、よくありません。 パッキンの取り換えなら、5,000~10,000円程度のメンテナス費用となります。 これらの蛇口や給水部分に、パッキンが使われております。

  • キッチンの蛇口
  • 洗面化粧台の蛇口
  • 洗濯機の蛇口
  • 浴室の蛇口やシャワー
  • トイレタンクの中の給水部分

これらの部分は、水切れが良くないと思ったらパッキンの取り換えを行うようにしましょう。

水道管の取り換え

20年を超えた水道管の場合、鋼管を使用している場合が大半です。 鋼管の水道管は、経年により不衛生な水が発生してしまう事があります。 劣化の度合いが酷くなってしまうと、赤水が発生してしまい最悪な状態となってしまいます。 水道管は、20年を超えた場合はステンレス管や樹脂管等に取り替える事が必要となります。 新しい水道管に取り替える事で、このようなメリットを得る事ができます。

水が美味しい

ステンレス管や樹脂管はサビない素材ですので、半永久的に美味しい水を飲むことが出来ます。

水道管の取り換えは今後必要ない

ステンレス管や樹脂管に取り替える事で、新しい水道管に交換する事無く半永久的にご利用する事が可能となります。

水道管の中で発生しているトラブルを防ぐ事が出来る

水道管の中は我々の目に付きにくく、劣化の状態や衛生の状態は把握しきれません。 サビない水道管に取り替える事で劣化しないので、トラブルが起きない水道管へと導く事ができます。

快適な水圧をキープ出来る

サビない丈夫な水道管は、水道管の中が劣化して錆びてしまう事で管径が狭くなってしまうので、水の通りが良くなく水圧が弱くなる事がありました。 しかし、新しい水道管は錆びにくく管径が狭くなる事が無いので、一定の水圧をキープさせる事ができます。

水道管は、キッチンのリフォームの際に一緒に行うと良いでしょう。

このように水道関係は、経年劣化により不具合を起こしてしまう事があります。 放置しておくと大変な事となってしまいますので、おかしいなと思ったらすぐ水道屋さんにご相談をしましょう。

フリーダイヤル0120-951-899
メールからのお問合せはこちら

水のトラブルお任せください